プロミスのおまとめローンの審査が甘いって言うのは嘘なの?

複数の金融業者から借り入れがあると引き落とし日や金額を管理するだけでも一苦労ですね。

多重債務をする人は借入可能額が低いために何社からも借りなければならなかったのだと思います。

カードローンでは与信限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが有利になります。

反面、多くの金融機関で多重債務者は敬遠されがちですので全ての借金を完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

でも、おまとめローンなら多重債務者が有利になるための借り換え商品なので取りあえず、申し込むことをおすすめします。

銀行では、おまとめローンという名前の商品よりも借り換えローンやフリーローンというサービスのほうが一般的です。

銀行には総量規制がないので与信枠内であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付が適用されているので、返済専用のローンとなっています。

銀行のフリーローンの場合、事業用資金以外は使い途に制限はされませんが消費者金融のおまとめローンは、貸金業の返済に限ったローンとなります。

銀行のおまとめローンの特徴として低金利で高額融資が挙げられますが一方の消費者金融のおまとめはというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行よりも条件は悪いことになります。

ですが、消費者金融は銀行よりも断然審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

プロミスのおまとめローンの審査落ちした人は次に審査を受ける前に通らない理由を突き止めましょう。

一般的には、ローン審査には「スコアリング審査」と「個人信用情報」の2方向からの審査があり平均レベルに達していれば審査落ちする可能性は低いです。

年収が低い人でも借入れ総額との兼ね合いによっては問題がありませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

勤続年数は長いほど安定性があると判断され公務員や大企業の社員なら信頼度が高いので審査に有利になります。

プロミスのおまとめローンの場合、利用者は多重債務者なので返済の延滞歴がある人は審査通過は困難です。

おまとめローンを利用する際に一番手軽な方法はweb完結できるサイトを利用することです。

自宅からなら気兼ねなく申し込みができますし、夜中や早朝でも、自分の都合が良いタイミングで申し込むことができます。

注意することはweb申込みとweb完結はちがうということで最初から最後までwebで行う事ができるのはweb完結です。

申しこんでから審査結果が通知されるまではweb申し込みでも可能ですが契約は店舗に出かけたり必要書類を郵送するという方法になります。

web完結なら外へ出かける必要もなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借金をしている人が既存のローンを一括返済するために、新規の融資を受けるためのローンです。

いくつもの金融業者から借入れをしていると返済日が何度もあるので残高の管理が困難です。

利息面でも低い与信額の方が利率が高くて不利になるので何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

反面、おまとめローンを希望する人は多重債務者ですから審査の基準が厳しくなったり、断られる可能性もあります。

おまとめローンという商品を提供している金融業者もありますのでそのような業者を積極的に狙った方が良いでしょう。

プロミスのおまとめローンのメリットは多重債務を1本化できるので借入れ総額の管理がしやすくなり、条件によっては金利を下げることも可能です。

アコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンにはメリットが多いのですがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

おまとめローンでも審査を受け合格する必要がありますが多重債務者であることなどの要因で審査のハードルは高くなります。

収入が減ったので毎月の返済額を下げたいという人は返済が長期化しますから、利息の総額は多くなるのは自覚しておくことです。

毎月の返済額が減ると生活に余裕が出来たと錯覚する人もいるようで解約した業者から融資のお誘いを受けると、又、借りたいという誘惑に負けてしまう可能性があります。

おまとめローンに申し込んだけれど審査に落ちたという人はその原因が明らかにならない限り、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性は否めません。

審査項目には年収をはじめ、勤務先や勤続年数、借入件数などがあり、これらの条件に照らし合わせて問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方がもちろん有利となりますが、肝心なことは借入総額とのバランスで借入希望額が年収の基準に収まっていれば返済可能と判断してもらえることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと有利になり個人事業主の方や入社1年未満という方は評価は低いです。

個人信用情報は過去の借り入れ等を審査される項目でこれまでに自己破産をされていたり、5社以上から借り入れがある人は、審査が厳しくされます。

おまとめローンを利用することで利息を減らせると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンで複数から借金していることが原因です。

アコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンによって利息が減るのかどうかは申し込む前に自ら金利の計算をして確認しておくことが大切です。

アイフルでのリボ払いでのおまとめローンをやっている金融機関の多くはホームページに返済シミュレーションができるようになっています。

現在、借入している金融機関の金利や借入額を入力するだけでアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組んだ後の毎月の返済額などが瞬時に表示されますので、比較も簡単です。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は、まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。

アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用する機会は人生に1度あるかないかだと思いますので、利用する際、ほとんどの人はわからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類などはプロミスのおまとめローンの商品を取り扱っている金融機関の「よくある質問コーナー」に答えが掲載されています。

借り入れの総額がどれくらいになったら、おまとめローンを検討したほうがよいかといった一般的な質問についてはネットで「おまとめローン よくある質問」と検索してみると良いでしょう。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のおまとめローンの比較なども記載されていますし金利やサービスの比較もされているので、手間を省くことができます。

審査に通るコツや落ちる人の傾向など、初めてローンを組む人には大変有益な情報も多いのでおまとめローンを利用するなら、必ずチェックしておきましょう。

「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムにはアコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンに利用できる借換え専用ローンというキャッシングローンがあります。

通常、消費者金融の融資は総量規制の対象となりますがおまとめや借り換えは総量規制の例外貸付が適用されるので対象外となります。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、借り換えを含めた総額で年収の1/3を超えてもローンが認められるというものです。

アコムの借換え専用ローンは融資上限が300万円ですが、貸付利率は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

融資金の使い途は消費者金融などの返済に限定されており貸付金額は元金の範囲内となります。

プロミスのおまとめローンは数社の借入れをまとまられるので毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

おまとめローンもキャッシングローンなので審査がありますが通常のカードローンよりも最低金利が高く、限度額が低いことが多いです。

実際の貸付金利を銀行と消費者金融で比較jしますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンの融資を受けるにしても毎月の返済額を抑えると負担は減りますが返済期間が長期化します。

返済期間が長くなるということは発生する金利も多くなるので返済総額はおまとめローンを組む前よりも大きくなることを忘れないで下さい。

テレビCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のキャッシングサービスがあります。

通常のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であるということや追加で借りることができない返済だけのカードローンだということです。

実質年利は6.3から17.8%なので高めの金利ですが、消費者金融ならではのフットワークの良さは健在です。

最大限度額が300万円なので全ての借入れをまとめることができないかもしれませんがパ―トやアルバイトでも20歳から65歳以下の人で安定した収入があれば申し込むことができます。

おまとめ対象の借入先に返済してくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。プロミスのおまとめローンの審査が甘いって言うのは嘘なのかといえば、そういうわけでもないようです。

プロミスのおまとめローンは複数社から借り入れていた借金を1つにまとめるためのローンで月々の返済額を見直すことができます。

プロミスは消費者金融として知名度が高いですが、おまとめローンにも対応しています。審査が甘いかどうかというのは申し込みをする個人の状況にもよるといいます。

銀行にはないお金を借りる上で便利でお得なサービスがあるのも事実ですので、プロミスでおまとめローンを借りる人も増えているといいます。

参考:プロミスおまとめローン審査甘い?申込み基準【借入口コミはどう?】

月々の返済額が減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますがアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組んでも返済する元本はかわらないので返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長期化することで、その分金利も発生しますので返済する総額はアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組む前より増えることになります。

一方で、与信限度枠が高ければ適用金利が低くなりますのでおまとめローンで高い与信限度額が通れば、低金利で融資を受けられることになります。

そのため、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションすれば返済総額を増やすことなく、毎月の返済も楽にすることが可能になります。

プロミスのおまとめローンは多重債務者を救済する商品ですが借入件数が多すぎる審査に通らないことがあります。

融資を受けている件数は3社で安全圏内、5社ではNGと言われていますがアウトな人でも審査に通る策が無いか考えてみましょう。

真っ先に行う事は、これまでの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

1件でも返済が完了すれば審査は通りやすくなりますから与信限度枠をしっかり計算して返済できるローンを完済してしまいましょう。借入件数が多くても過去の返済で金融事故がなければ返済に支障はないと判断されて審査を通過するケースも多いようです。

消費者金融のアイフルやアコム、プロミスでもおまとめローンを取り扱っています。これらのプロミスのような消費者金融のおまとめローンの審査が甘いという声もありますが、それは年収などその人の環境によるものも大きいといいます。

マイカーローンというのは5年から7年にわたる返済期間になりますので、ショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品なので毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

マイカーローンの返済中に給与が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組んでしまうということも選択肢としてあり得ます。

銀行のおまとめローンならその発想も有効なのですが消費者金融のおまとめローンは、マイカーローンの返済に利用できないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンというものは、「貸金業者」からの借金を1本化するためのものなので銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外となってしまいます。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠であれば対象となりますが通常のマイカーローンのようにショッピング枠で購入したのであれば利用することはできません。