猫のトリミング方法は?

ペットとして猫を飼っている人も多いと思います。しかし、猫だってトリミングをした方が良いと言えます。猫は自分の身体を舐めてブラッシングとか、汚れ取り、臭い取りをしていますよね。よく見かけると思います。しかし、長い毛の猫の場合、自分の舌では舐められない部分もあります。(汗)それが大切だと思います。(笑顔)猫は、毛が柔らかいので優しくブラッシングしてあげましょうね。家で猫を飼っている場合は、爪研ぎが問題だと思います。猫の習性として爪をいくら切っても爪研ぎは行います。(笑顔)爪を切るよりは猫が自分自身で研ぐための場所を用意してあげることです。それ必要です。(笑顔)猫は、水を嫌う場合が多いようですね。(汗)猫も犬も同じですが、身体に対する毛が密に生えています。そして、しっかりすすぐようにしてくださいね。シャンプーが残ると皮膚に悪い影響を与えます。そんな可能性があります。猫の場合は、自分の毛を舐めてグルーミングします。身体の中にシャンプー剤が入ってしまうのを防ぐ意味合いもあります。それで、しっかりと流すように注意しましょう。乾かす時にもしっかりと、根元から乾かすようにしてくださいね。ペットとして猫をずっと飼っていくと言うことで、トリミングもしっかりと行ってあげるようにしましょう。