フラット35審査甘いって本当?住宅を買うときに注意しなければいけないことは?

住宅を購入するという事は誰でも憧れる事ですよね。
ですが、住宅を購入する際には必ずフラット35の審査が必要です。
現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういう方は数少ないですよね。
ですから、一般的には銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。
フラット35審査は、数ある審査の中でも特に厳しい物だと言われています。
35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。
審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。
住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。
と言われています。
ただ、それだけで良いという訳ではなく、会社の規模や勤続年数などもチェックされます。
都合により住宅ローンがまだ残っている段階で失業した時は、残ったローンをどのように返していったらいいのでしょうか。
何があるか分らないので、把握しておきましょう。
まずは、焦らずに自分が今置かれている状況を把握しましょう。
魅力的な商品「フラット35」とは「金利が長期固定」「団体信用生命保険の加入が強制ではないため、既往症で保険加入が認められない者でも申込できる。
」「借換利用も可能」など、利点も多い上、返済中万一のことがあった場合にそなえ安心サポート等(保険関係)もあったりしますよね(^^)私に非はなく会社側の理由で辞めることになったのか、内容により給付金の額が大きく変わってくるためです。
申請した内容がきちんと反映されば一年間は保証されるので、改めて職場を探しながら、返済をしていけると良いですね。
ただローンは一度でも延滞してしまうと、破綻せざるを得ないので優先順位を考えて行動するようにしましょう。
魅力的な商品「フラット35」とはずっと固定金利だし保証料や繰上げ返済手数料0円など、メリットもたくさん!住宅を購入する際には頭金が必要です。
頭金は一切かかりません!という広告も目にしますが、頭金がなくても確かに購入は可能でしょう。
しかし、頭金がないと月々の返済額が多くなります。
少しでも返済額を減らしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。
頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅を買うとなると他の費用もかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。
フラット35審査甘い?通りやすい銀行ある?【再挑戦は可能?】