楽天ETCカード申し込みで得するキャンペーン

皆さんは毎月のクレジットカードの利用額はどのようにして管理していますか?カードが2、3枚ならいいですがそれ以上お持ちの方は管理が大変ですよね。

プライベート用や仕事用でカードを分けている場合、確定申告用に利用履歴や明細、領収書を集める必要があります。

これは楽天ETCカードでも同じことが言えます。

クレカでは各カード会社で照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」という専用のページで登録しているカードの過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

レンタカーで利用した明細が必要ならば事前にレンタカー会社へ車載器管理番号などを確認しなければ照会ができなくなってしまうこともあるので気をつけましょう。

最近ETCカードが欲しいと思って調べていたところ実は世間に知られていないのではないかと思われる豆知識が出てきました。

それは、車載器がなくてもETCカードで高速道路の利用は可能ということです。

車載器がない場合はETC専用レーンではなく一般レーンを使いスタッフにカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

係員に手渡しで利用する場合、ETCが導入された理由として人件費削減や渋滞の解消が目的となっており手渡しでは無意味になってしまいます。

そのため通常の利用ポイントはついてもマイレージポイントなどの特別ポイントは付かないことや休日割などのETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

なので皆さんもETCを利用する時は損しないために車載器を付けましょう。

皆さんはETC カードを選ぶ際にどういった部分を気にしてカードを申し込みましたか?現在手元にあるクレカ発行元に追加で発行申し込みをしている方や発行手数料や年会費無料かどうかをチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここでは現在ETCカードを持っていない方に向けて他の方が申し込んだときにどのポイントを見て申し込んだのかを調べてみました。

傾向として、高速道路の利用頻度が少ない方は年会費無料のカード、利用する回数が高い方はポイント還元率やマイレージ特典で選ぶ方が多いようです。

年会費が発生しないカードの中でも一部店舗での買い物時にポイント還元率が高くなることや自営業の場合、仕事用と私用でカードを分けるために複数枚持つ方もいるようです。

進学・就職を機に車の免許を最近取ったという方もいると思います。

長期休暇の時に友達と遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの作り方を簡単に説明します。

カードの入手方法は大きく2つに分類されます。

クレカ会社で申し込み、発行しているクレカタイプとNEXCOなどが共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

特別な理由がなければクレカタイプをお勧めします。

その理由としてはクレカタイプの場合はクレカの申し込みとにETCの申請ができ、すでにクレカを持っている場合は各カードのサイト上で追加申し込みで手続き完了なのに対しパーソナルカードでは最低4万円の保証料を預ける必要があります。

わかっているようで実は知らないルールってありませんか?例えばETCの正しい使い方って曖昧に覚えていませんか。

NEXCOのHPで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレジットカード同様に有効期限があるので車に乗る前に確認しましょう。

車に乗ったら車載器にカードを挿れますがオモテ面ウラ面などカードの向きに気をつけてください。

料金所のETCレーンに入る際は信号が赤になっていないかの確認と何かあったときにすぐ止まれる時速20km以下の速度で通行してください。

もし車載器の故障など何らかの理由で出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせて出るのではなく、インターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

ここ数年でよくノマドワーキングという言葉を聞くことがあります。

中には独立して個人事業主や法人化して社長となる人も増えています。

一見自由そうに見える個人事業主の方の多くが慣れない経理業務は面倒だと感じているそうです。

特に打ち合わせなどで移動する際の交通費は多くなりがちで毎回領収書を出して月毎にまとめて保管、清算して・・・というのはかなり面倒そうです。

できれば屋号・法人口座からまとめて引き落として経費としておきたいですよね。

その場合、高速道路料金支払い時に使用するETCカードはどうしたらいいのでしょうか。

基本的な作り方は個人用のカードと変わらず法人専用のビジネスカードを申し込むのが一番シンプルな方法です。

しかし、法人用カードの発行は独立したばかりの人にとって1つの関門と言われるくらい審査に通りにくいようです。

高速道路の料金がレーンを通れば自動で引き落とされるETCですがネットを見ていたらいろいろな質問がありました。

「ETCカードで給油はできますか?」という質問です。

結論を言うと、基本的にはできません。

「基本的に」と書いたのは、クレジット機能付きの一部ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこで申し込めばクレジット機能も付いたカードが発行されるのでしょう。

検索してみたところ出光やコスモ石油などガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型は一枚で買い物やETC利用が完結するので管理が楽ですが高速道路を走っている途中でPAなどでクレカ決済をしようとすると毎回車載器から抜かなければ使えないという少し面倒な面もあります。

この前、ネットで調べ物をしていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、ETCカードを使って現金レーンでの支払いができるということです。

料金所でカードを係員に手渡すことで支払い処理を行ってもらえるのですが基本的にはETCでの通行は入口?出口まで無線通行が原則となっており通行に関する情報が把握できないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーで無線通行できないなど特別な場合は、料金所の係員に処理してもらう際に「車載器を搭載している」ことを伝えてカードを渡して処理後車載器に挿入してください。

出口料金所を利用する時に料金所がない入口を通行していた場合は料金算出の起点が不明になるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口から計算されるようです。

1、2年ほど前からカーシェアリングサービスなどでキャンピングカーをレンタルしての旅行が人気なようです。

旅行をするということは高速道路を利用しますよね?その際に多くの方がETCカードを利用すると思いますがレンタカーでのETC利用は車載器がついていれば利用できますが旅行後にETC利用照会サービスで利用履歴を見ようと思ったときのために事前準備をしましょう。

利用照会サービスでは本人確認を行うために登録情報として「楽天ETCカード番号」、「ETC車載器の番号」などの情報が必要になります。

レンタカーで利用した場合、車載器管理番号は各レンタカー会社への確認してください。

他のレンタカーなどでETCカードの登録をすでに行っている、もしくはETCカードの登録をすでに行っているなどの場合は新たに登録する必要はありません。

高速道路料金で割引を受けることができてお得なETCカードですが少しわからないことがあります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結論から言うとバイク用のETC車載機も存在します。

調べてみたところ、ハンドル周り車載器を設置する「一体式」とカードリーダー部分をシート下に設置できる「別体式」の2種類があるようです。

一体式の良いところは、配線が少なく済むので見た目がスッキリすることや取り付けが比較的楽な面がありますが、誤作動しないようにハンドル周りに設置することで操作性が下がったり、盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目がコンパクトになり、シート下にしまうため防犯性が高い反面、一体式に比べ価格が高いことや配線が2箇所になるデメリットがあります。

参考:楽天ETCカードのキャンペーンの申し込み

ショッピングなど様々な場面で付与されるポイントですがクレカ会社が発行しているETCカードで高速道路を通行するだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?例として楽天カードを利用した時にスーパーポイントが利用額に応じて付与されますがETC利用でも同じくポイントが付与されます。

付与率に関しては楽天カードのようにクレカとETCで同率で付与されるカードもありますが、基本的には付与率が減少していることが多いようです。

また、最近は少ないですが、ポイント付与の対象外のカードもあるようなので高速道路を利用する頻度などから申し込み先を選ぶのもいいかもしれません。

就職や転勤などで大都市へ引っ越すと車に乗らなくなります。

そんな時に年会費や更新料が発生するETCカードを所持している方はカードの解約を考える方が多いと思います。

その際にクレカごと解約するパターンとETCカードのみ解約するパターンの2通りがあります。

手続きに関しては電話、郵送、webなどカード会社によって異なります。

手続きが終わるまでに郵送の場合は1週間前後、電話のみで可能な場合は即日というように手続きが完了するまでの期間には幅がありますので郵送したから即破棄するというのはやめましょう。

手続きが完全に終了したら、磁気テープ部分とICチップ部分がそのままにならないように真二つにハサミを入れ、外から見えない封筒に入れるなどした後に燃えるゴミとして処分してください。

ETCカードを利用して高速道路の出口を通過する際、車載器の故障などがなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

何らかの原因で出口でエラーが発生してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もし車載器側でエラーが発生したらエラーの警告音が出ます。

ETCレーンが故障していたとしてもゲートのバーには「STOP」の表示のみが出て、バーも上がりません。

こういった時のためにETCレーンに減速しながら入っていくという決まりになっています。

バーに接触してしまうと事故扱いになるので気をつけて車を停めましょう。

その際、焦って車外に出ないようにしましょう、事故につながります。

バーの手前にインターホンが設置されているので係員の指示に従うようにしましょう。

多くの場合、スタッフに直接カードを渡して精算になりますがETC割引は適用されるので安心してください。

高速道路の料金が自動で引き落とされるETCですがネットを見ていたらいろいろな質問がありました。

それは「給油するときにETC決済はできますか?」という質問です。

答えから言うと、基本的にはできません。

基本的にと書いた理由としては、クレカ機能付きの一部楽天ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこで申し込めばクレカ機能も付いた一体型のカードが発行されるのでしょう。

出光やコスモ石油などガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型は一枚で買い物やETC利用ができるので管理が楽ですが高速道路を走っている途中に休憩をしようとパーキングエリアで買い物をするときに一度車載器から抜かなければ使えないという少し面倒な面もあります。

高速道路の料金所でみなさんはどのような支払い方法で支払いをしますか?一般レーンで現金・クレカ払いの人もまだいますが約90%の方はETCカードを使っての無線通行をするという結果が出ています。

では、ETC利用でどんなメリットを受けられるのか少し調べてみました。

最も大きなメリットとして、高速出口の料金所で券や現金を係員と直接やりとりする時間がなくなることではないでしょうか。

2つ目の大きなメリットは料金割引が適用されることです。

特に割引前と後で料金の差が大きいことで有名な東京湾アクアラインを例にすると割引前は現金・クレカ支払いの普通車料金が約3000円のところ、割引適用でETCレーンでは800円と半額以下になります。

高速道路料金所を通過するときに便利なETCカードですがカードの種類が多くて選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードを2つ挙げます。

発行手数料や年会費などを無料で済ませたい方にはライフカードです。

ライフカードでは誕生月に使用するとポイント還元率が通常の3倍になったり、対応している国際ブランドがVISAやJCBなどの有名なブランドから好きなものを選択できます。

2つ目に紹介するのは日本人なら誰もが知っている楽天カードです。

クレカは年会費無料ですがETCは年会費がかかります。

年会費がかかるのが気になるという方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率が高くエネオスなどでガソリン給油時にもポイント還元があります。

免許を持っている全員が知っているようで実は知らないルールってありませんか?例えばETCの正しい使い方・注意点はどうでしょうか。

NEXCOのHPで正しい使用方法の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレカ同様に有効期限があるので車に乗る前に有効期限を確認しましょう。

乗車後に車載器にカードを挿入することになりますが正しく挿入されて挿れば「カードを認識しました」と音声が流れます。

料金所のETCレーンに入る際は信号が赤になっていないかの確認と必ず時速20km以下の速度で通行してください。

もし何らかの理由でレーン出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車を無理に動かさず、インターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

楽天ETCカードを車載器に挿しっぱなしにしていたら盗難された、紛失してしまった場合、急なトラブルに焦ってしまうと思いますがそんな時こそ落ち着いて連絡をしましょう。

仮に盗まれたのではなく紛失だったとしても絶対に警察へ紛失届けを出してください。

警察に届け出したあとの対応はカードの発行元によって変わりNEXCOなどの高速道路事業会社が発行しているETCパーソナルカードの場合は事務局へ電話をかけてください。

対応時間は平日の日中のみとなっていますが早めに連絡するようにしてください。

クレカ会社発行の場合は発行元の会社への連絡になります。

カード会社によって若干対応先の部署など違いはあると思いますが多くの会社では24時間受付のフリーダイヤルが用意されています。

車で遠くに出かけるときに割引が適用されるなど便利な楽天ETCカードですが、発行している会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カードごとにどんな違いがあるのでしょうか。

多くの人が気になるのが年会費や更新費用の有無でしょう。

年会費について大まかに分類すると1年間の利用していなくても年会費無料のタイプ、年に1回以上の利用で年会費無料になるなど条件付きで無料になるタイプ利用額や頻度に関係なく年会費が発生するタイプがあります。

更新費に関しても同様に無料と有料のカードがあり、発行費が有料なカードだった場合、多くのカードで更新費も有料になっていることが多いです。

ガソリンスタンドでは現金やクレジットカード払いなどの支払い方法が選べます。

最近楽天ETCカードを作ろうと思って検索したところカードを発行する会社によってガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカード利用時のポイント還元率が2倍になるなどの色々な特典がつくカードもあるようです。

例を挙げると、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイント還元率が2倍になり貯まったポイントで支払いもできるそうなのでよく車を利用される方や高速道路で遠出する方は給油時の特典がついたカードの利用がお得です。

このようにカードごとに特典が違うので選ぶ際はいろいろ調べてみてください。